愛した人には妻がいる~愛に飢えるオンナゴコロを描く

はるくんとの出会った瞬間、思った。
 
【この人と結ばれる】
 
翌日に知った。既婚者だった。
 
それでも私は思った。
 
彼が欲しい。
 
自分からは仕掛けない。絶対に誘ってくる。
 
私の直感は当たるんだよ?
 
彼は住む世界が違う、雲の上の人。
 
でもね、絶対。
 
あなたは私を好きになる。
 
近いうちに。

…………

概要

▼2015年3月7日時点▼ ネーム:ユミ
年齢:31歳
恋愛ステイタス:未婚
ブログ開始:2015/2/7(71記事目・継続中)

 裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育ったユミさん。

 そんな恵まれた環境でありまがら、心にはポッカリと空白が空いたまま常に満たされませんでした。

 そう、「愛」に飢えていたのです。

 父と母の関係は冷え切っていて、二人とも愛情は四つ年下の弟ばかりに注いでユミさんには無関心。

 でもユミさんはそうした環境を冷静に受けとめ、自分の力で生きていくしかないと心に決めていました。

 その一方で、中学性の頃から男関係は途絶えることがありませんでした。

 友だちから「ユミはモテモテでうらやましい」とよく言われました。

 一緒に抱きしめ合っているそのときは愛を実感することができましたが、それもほんのつかのま。

 すぐに冷めて次の新しい燃え上がるような愛を求めてしまう。

 そんなふうにして次々とつかの間の恋愛を繰り返しているうちに、いつしか大人になり、やがて本気で愛して結婚したいと思う人が現れました。

 ただそれも、その彼の浮気によって破局を迎えます。

 ただその頃は、仕事も充実していて友人もたくさんいて毎日が楽しく、過去を振り返るようなことはありません

 きっとわたしだけを真剣に愛してくれる人はいるはず。

 きっと一生この人と添い遂げたいと思う人はいるはず。

 そんなふうに思って、またいろいろな恋愛を繰り返すユミさん。

 はるくんと出会ったのは、ユミさんがそんなふうに過ごしていた頃でした。

感想

 大人の「禁じられた愛」の物語。一方で恋愛に対して冷めた心と、他方で「真実の愛」に飢えて渇く熱い心を併せ持つアンビバレンツな大人女子の恋心を淡々とした筆致で描いています。

 ちなみに、GTブログでは珍しいことですが大人の愛を描きながらエッチ度はあまりありません。というところが大人なんでしょうか?

エッチ指数:20%

愛した人には妻がいる~別れの時を迎えるまでを綴ります。(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP