私の生きてきた世界~普通の家庭に育ちたかった。 普通の生き方をしたかった。

はなこは幼稚園から帰宅すると
必ず近所の児童館に
遊びに行きました

一人のお留守番は寂しくて
児童館のお兄さんが優しかった

お兄さんに甘える為に
児童館に毎日
足繁く通いました

誰もそれを
咎めませんでした

はなこは
児童館のお兄さんが初恋かもしれません

いつも
はなこちゃん、また来てくれたんだね
と、とても優しく語りかけ
図書室では
大好きな本を読んでくれて

その後は事務所に呼ばれ
オヤツまで食べさせてくれました

それから
児童館が閉館する少し前になると

はなちゃん、こっち!

と、手をおいでおいでして
倉庫に呼んでくれました

お兄さんは必ず毎回
お兄ちゃんと、はなちゃんの秘密ね
誰かに言ったら会えなくなるから…
と、呪文のように約束します

はなちゃん、パンツ、貸して……

…………

概要

ネーム:はなこ
年齢:46歳
恋愛ステイタス:既婚
おしごと:人生、一生旅人也
ブログ開始:2014/05/04(5/25時点159記事目継続中)
ステータス:ブログランキング8位(5/25時点)

 はなこさんは現在アラファーで、二人の子供の母です。一応旦那さんもいるようです。

 東京の隅っこで生まれ、まだ白黒テレビとカラーテレビが半々位の普及だった時代。6畳一間の借家でお風呂も無い貧しい家庭で生まれました。

 そこから「思い出すだけでも吐き気のする」壮絶な人生が始まります。親からの疎外、性的虐待、中学卒業の日のレイプ、親への反抗、更正施設行き、読者モデル、ホストクラブ、中絶、ヘルス嬢、ソープ嬢、結婚、旦那の浮気、借金、破産……

 お昼の奥様劇場顔負けの不幸のオンパレードを鬼のようなスピードで綴っていきます。

感想

 はなこさんの半生は壮絶と言えば壮絶ですが、「女の人生」の王道と言えば王道です。

 はなこさんは「普通の生き方をしたかった」とキャッチコピーに書いていますが、こうして見ると「普通の生き方」ってドラマがなくてつまんないですね。

 はなこさんのストーリーの見所は、白黒テレビとちゃぶ台がよく似合う、昭和を彷彿させる演歌チックなラブ描写にあります。

 ただこれ大丈夫? というぐらいドキドキするところもあって、それも楽しみの一つです。

おすすめ:♥♥♥♥♡
エッチ度:♥♥♥♥♡

私の生きてきた世界~普通の家庭に育ちたかった。 普通の生き方をしたかった。 普通の幸せが欲しかった。(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

 TOP