私という女~“スーパードライ”な感性で描く女のエロティシズム

昼間っから
よく分からないおっさんと
セックスするためだけに街に出た。
 
不安も緊張も何もなかった。
 
おっさんは喜んでた。
若い女の子だもんね。
 
ホテルに入ってシャワーを浴びて
おっさんは丁寧に愛撫してくれた。
 
もともと濡れやすいので
おっさん大喜び。
 
仰向けになる私の腰を浮かせて
おっさんはたくさん舐めてくれた。
 
セックスしてしまえば
もう、どうでもよかった。
 
そのあと、チャットにいくこともなかったし
おっさんと連絡をとることもなかった。

…………

概要

▼2015年3月26日時点▼
ネーム:ユナ
年齢:33歳
恋愛ステイタス:既婚
ブログ開始:2014/9/2(174記事目・継続中)
ステータス:ブログランキング5位

 ユナさんが小学3年生の頃、お母さんの買っていたレディースコミックを見ていたら、何となくあそこがムズムズ

 トイレに行って触ってみると、気持ちがいい。それが初めてのオナ○ーでした。

 性に目覚めてから早くエッチしてみたくてウズウズしていましたが、最初の機会が訪れたのは17歳のとき

 お相手はバイトに行っていた理髪店の見習いさんでした。

 でも彼のモノが小さかったせいか、まったく痛くありませんでした。

 それ以降、転勤族だったユナさんはチャットやブログを通じて男性と知り合い、何人かの年上の男性と関係を持ちました。

 ただ熱しやすく冷めやすいユナさんは相手との関係も長続きせず、持っても数ヶ月ぐらい。

 そのなかで20代になってから付き合った10歳年上でバツイチ子アリの彼とは例外的に6年も続きました

 一時は親に引き合わせるほど夢中になりましたが、別れるときはあっけなく終わります

 その後しばらくユナさんは特定の人と付き合うことはせず、昼間っからよく分からないおっさんとセックスするためだけにふらふら街に出るようになったのでした―

感想

 なんと言うか、独特の雰囲気を持ったブログ。

 書いている内容はエロそのものなんですが、他のブログのようにエッチ描写に力を入れているようなことはなく、淡々と事実をありのままに書き綴っています。

 一言で言うと、スゴくドライで、乾いた文体

 基本的にエッチがスゴく好きそうなのですが、でものめり込んでいる感じではなく、どこかエッチをしている自分と相手を斜めから見て皮肉っぽく笑っているようなところがあります。

 エッチブログだと思って読むと「ちょっと違うな」という感じになるので、好き嫌いが分かれそうな気がします。

 ただ、わたしはスゴく好きです

 個性的なだけに、感性があうとハマると思います

エッチ指数:70%

私という女~性に目覚めてから現在までの私(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP