東京ゴミ女~わたしは臭いフェチ

朝早くゴミ出しをした時
 
ゴミ箱の奥にチラっとパンツらしき物が見えた
 
高鳴る鼓動がはっきりと聞こえた
 
周りに
 
誰もいないことを確認して
 
急いでそのゴミ袋をとり出した
 
素早く自分の部屋に運んで
 
私は期待感で胸を踊らせた

…………

概要

▼2015年2月22日時点▼
ネーム:麗香
年齢:22歳
恋愛ステイタス:未婚
ブログ開始:2014/8/21(128記事目・継続中)

 麗香さんがおかしくなったきっかけは、高校生活2年目のとき。

 女子校での楽しい高校生活をエンジョイしていたはずの麗香さんでしたが、麗香さんのミスで大会で負けたのきっかけに部活の先輩2人からいじめを受けるようになってしまいました。

 最初は言葉の暴力で、ネチネチとした罵倒を浴びせかけられましたが、次第にエスカレートして顔に髪にツバをかけられるようになります。

 そしてとうとうあるとき、先輩から呼び出されて部室に入ると、突如先輩の一人が麗香さんの体をガッチリ押さえて顔を動かないようにして、もう一人があろうことかスカートをたくし上げてパンツ越しにアソコを押しつけてきました。

 もがけばもがくほどグイグイ押し付けられて、麗香さんはあまりに強烈な臭いに呼吸するのも苦痛になります。

 涙が溢れて、嗚咽が止まらない麗香さん。

 そんなのはお構いなしに、先輩は笑いながら腰を振り続けます。

 そしてエスカレートした先輩はパンツを脱ぎ捨てて言いました。

 「舌を使え」

 

 ……(自主規制により中略)……

 

 ボロ雑巾のように部室に投げ出された麗香さんは、しばらくじっと動けないままでした。

 ただそのとき、

 屈辱に体が震えていたのか

 それとも、

 快感に酔いしれていたのか

 それは良く覚えていません。

 たしかなのは、そのときから麗香さんは変態になってしまったことでした。

性的嗜好は百人百様

 臭いフェチのお話。

 中村麻美さん主演の『東京ゴミ女』という映画は、同じマンションに住んでいる片思いの男性のゴミを集めて妄想に耽るストーカーっぽい女性の話でしたが、麗香さんは「ゴミを集める」という点では共通していますが、それ以外は全然違います。

 麗香さんは男性でなく女性のゴミ、しかも使用済みパンツを集めています。

 人目をはばかるようにしてゴミをあさって女性の使用済みパンツを集めている特殊性癖の男性都会にはけっこういそうですが、まさか若い女性がそれをやっているとは……

 この展開はオヤジ雑誌のエロ小説でも思いつかないのでは?

 性的虐待のPTSD(心的外傷後ストレス障害)でその後の性的志向が異常になってしまうというのはしばしば聞く話ですが、臭いフェチになってしまったというのはわたしは初めて聞きました。麗香さんの場合PTSDとはちょっと違うかもしれませんが……

 まあ、でも意外にそういう嗜好の女性もいるのかな? そういえばどこかのBL本男性どうしのパターンで似たような臭いフェチを見たような気がします。

 それはともかくGT見てると、どんな人見ても「まあ、そういう人もいるかも」と最近思うようになってきました( ̄ー ̄;

 ちなみにブログは昨年秋から都合により一時中断していましたが、今月から復活しています。

エッチ指数:70%

東京ゴミ女~後ろめたさと罪悪感・・ど変態の戯言です!(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP