整形依存女の歩み~合計200万以上整形につぎ込んだ女の話。

目を開けると、眩しい光が目にとびこんだ。
 
瞼は重く、何となくけだるかった。
 
マスクをした看護婦さんが手鏡を渡す。
 
「いかがですか?」
 
そこには内出血した二重まぶたの私がいた。
 
これが私のあくなき美への追求の第一歩になろうとは私はこの時はまだ知らなかった。
 
15歳。
 
誰にも言わず相談せず、二重まぶたの整形した。

…………

概要

▼2014年7月3日時点▼ ネーム:シオリ
年齢:35歳
ブログ開始:2013/12/03(321記事目・完結)
ステータス:ブログランキング―位

 15歳のとき二重まぶたの初整形をしたシオリさん。

 シオリさんに「美」への異常なまでの執念が生まれたのは、小学生のとき年下のガキに「こいつの鼻でかくねー?」と言われたのがきっかけでした。

 それ以来、鏡や写真を見るたびに自分の顔の細かなところが気になります。アイプチをつけて寝たり、ヘアピンで瞼にクセをつけたり、ひたすら試行錯誤を繰り返しました。

 ただ実際はもとからけっこうカワイかったシオリさんは、女子高生になって雑誌の読モに選ばれると多くの男子にちやほやされるようになり、アイプチ程度で騙される男を見下す一方で、モテモテの状況に酔いしれるようになります。

 「モットキレイニナリタイ。モットチヤホヤサレタイ。」

 欲望がさらに増していきます。

 そしてついに整形をすることに。アイプチ地獄から解放されて晴れてパッチリオメメになったシオリさんはますますモテモテになります。

 そして高校時代はサッカー部の田原君とウブどうしで初体験。

 大学に入る前にはさらに40万かけて目と鼻を加工して美貌に磨きをかけます。

 大学に入ってからコンパでも男子学生が群がり次々に声をかけてきます。

 「私は可愛いでしょ? 沢山の男が群がってくるのよ?」

 コンパの席の隅で地味に固まっている女子学生に内心そう言い放つほどうぬぼれてきっていました。

 そしてもともと海外生活が夢だったシオリさんは留学資金を稼ぐためにホステスコンパニオンのアルバイトに精を出します。

 コンパニオンのときには客に監禁されてペットにされてしまう恐怖も味わいましたが、なんとか無事お金をためることができてアメリカに留学します。

 そこで次に出会ったのは年収億単位というジョン。それからアメリカの地でセックス依存症のジョンとともにまるでハリウッド映画のようなセレブなセックスライフを満喫します。

 そして昼ドラのようなすったもんだを経て、結局ジョンと別れて悲しみを抱えて帰国することになります。

 日本に帰国後、英語能力を活かして航空会社の客室乗務員に採用されます。

 で、次に知り合ったのはプロ野球選手。テレビに出てくる彼は、シオリさんとコンビを組んで夜もバットを振り回します

 が、それもかなわぬ恋でした。失恋の痛手でシオリさんは一年ほど心の病に陥ってしまいます。

 社会復帰のためにとりあえず外資系の投資会社で派遣社員になります。

 そしたらそこに待っていたのは背の低い阿部寛のような男。最初優しく親切な社員として信頼していましたが、じつはとんでもないストーカーでした。

 ということでまたまた、どん底に陥ったシオリさん。こんどはもう少し地味に再起しようと資格取得をめざして通い始めた図書館で声をかけてきたのは、牛乳瓶メガネをかけた理系研究員の童貞クンでした……

感想

 整形シンデレラ&魂の再生ストーリー

 『ビューティー・コロシアム』『私の何がイケないの?』が好きな方はどうぞ。

 200万かけて整形して億万長者や活躍しているプロ野球選手と結婚できればコストパフォーマンスはいいですよね。

 ……と、思うのですが、結論はアナ雪の「ありの~ ままの~ すがたみせーるーのよ~」でした

エッチ指数:40%

整形依存女の歩み~合計200万以上整形につぎ込んだ女の話。(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

 TOP