性同一性障害者がいる家族~私の家族について

一度書こうとしましたが挫折した為新しく作りました。
私の元姉、現兄について
家族の本心について書いていこうと思います。
 
 
最初に言います。私は多分、姉を兄として根っこは受け入れきれてないんだと思います。
そんな家族の葛藤を書いていきます。
 
不快になる方もいるかもしれません。
でも、これが私の素直な気持ちです

…………

概要

▼2014年7月14日時点▼ ネーム:ノア
年齢:28歳
ブログ開始:2014/5/6(80記事目・継続中)
ステータス:ブログランキング31位

 ノアさんの4つ年上のナオ姉さんはスポーツ万能で、明るく、優しい自慢のお姉さんでした。ただ見た目はどう見ても男の子

 ナオ姉さんは中学の頃すでに女の子からラブレターをもらったりしていました。

 そして公立高校に落ちて私立の女子高に通うことになったとき、最初はとてもいやがっていましたが、やがてとても毎日楽しく通うようになりました。

 ただ髪は物凄く短くしていました。

 ノアさんとお姉さんは共に弓道部に入っていましたが、ナオ姉さんは県大会いつも上位に入って他校にも友だちがたくさんいました。ノアさん弓道をやっている子たちはみな「あのナオ先輩の妹だって!」と言って自分もうまいものだと勘違いされるので内心憂鬱でした。

 あるときノアさんは、漫画を借りるために入ったお姉さんの部屋で手紙を発見しました。

 それは後輩の女の子からラブラブレターでした。でも、姉は中学の頃からすでに女の子からモテモテだったのでそれにはさほど驚きません。

 しかしノアさんがショックを受けたのは、ラブレターに対するお姉さんの書きかけの返信でした。

 そこではお姉さんは自分のことを「俺」と表記していたのです……

感想

 トランスジェンダー系。ただしノアさんのブログはトランスジェンダーの当事者ではなく、家族の視点からのブログです。

 つまり家族の立場から、大好きな姉が兄(!)になることへの戸惑いや葛藤などが率直につづられています。

 同性愛(彼・夫がゲイ、自分がレズ)はGTで人気のあるテーマの一つですが、性同一障害で性転換手術を受けた人(あるいはその周囲にいる人)の話はあまり見かけません。

 最近では法的整備も徐々に進みつつありありますが、世間ではまだまだ偏見が多いと思います。

 GTブログのようなストレートな気持ちやホンネが語られる場で当事者や周囲の家族などの率直な思いが明らかにされることは、場合によっては炎上や非難を巻き起こしたりしますが、長い目で見ると理解が深まることになるのではないでしょうか

エッチ指数:10%

性同一性障害者がいる家族~私の家族について(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP