舛添ケチ事はもういい加減観念したら?

舛添さ〜ん。。。

絵画は1円でも安くって、オークションで7000円のを買って、メキシコの人に見せたの?
喫茶店では、18000円でコーヒー???
別荘近所では10000円の衣料品を領収書???
あとなに?かっぱ寿司も領収書だっけ???
沢山ありすぎて分かんないけどさ。
とにかく、やってること、セコいよね〜(爆)
素人の私が言うのもなんだけど、、、
もういい加減観念したほうがいいと思うよ〜。

ハヅキ(40歳)

  • ヒラリー(41歳)
    ケチ事だから(笑)
  • フローラ(41歳)
    うまいっ!
  • カサンドル(41歳)
    座布団、2枚!!
  • ナディア(101歳)
    書のためのシルクのシャツとか。笑
    書家はみんなシルクのシャツ着てるのか?

    なんか、調べた弁護士さん甘いな〜と思っちゃった。
    あの説明でみんな納得できたのかしら…。
  • ハヅキ(40歳)
    やっぱり意味わかんないですよね(^^;
  • ユメ(24歳)
    弁護士さん、完全に舛添の弁護になってますよねm(__)m
  • カサンドル(41歳)
    もう、観念しよう、ケチ事!!
    あと、懲罰委員会に相当する百条委員会を早急に開いて、ケチ事に辞職してもらいましょう。

    そして、今までに購入した絵画などは、すべてヤフオクに出品してください。
  • ハヅキ(40歳)
    恥の上塗りになるだけたから、辞めときゃいいのになぁ。。。と、つい思ってしまいます。
  • カサンドル(41歳)
    知事を辞めた暁には、無人島に行ってもらい、一から食材を探したり、洋服などを調達することで、庶民の苦しみを味わってほしいですね。
    「いきなり黄金生活」をもじって「いきなり貧乏生活」をケチ事に!!
  • クララ(44歳)
    無人島であばれるくんと闘ってもらおうか!
    どっちが先に無人島を脱出できるかね~
    先日のあばれるくんの無人島脱出は凄かった!!
  • アキ(41歳)
    他国の方を招いてお話するのに絵画(裸婦)いらないよ(-_-#)
    あんな訳わかんないのを当選させただなんて(-.-#)
  • サラ(62歳)
    別荘でピザ焼きながら支援者?に振る舞ったんでしたっけ?てか何で別荘にピザ釜いるんだ?って思わず突っ込んでしまいました(´Д` )
    お金たくさん持ってるなら使って都民や国民にまわしてよ。そんなに溜め込んでどうするのさ(笑)
    早く辞めてほしいなって思いますけど、政治家なんてどいつもこいつも一緒なんだろうなって思います。
  • ミラ(40歳)
    もうこの人、返金?寄付?そんなのいいから。
    使った金額分までボーナスもお給料も受け取るなぁ!
  • エミー(30歳)
    ケチでみみっちい都知事。
    辞任した方がいいですよ。もう信頼なんてないんだから(o_o)
  • パスカル(99歳)
    違法か違法じゃないかは弁護士でいいと思う。
    でも、不適切が不適切じゃないかはお金を出してる都民が決めることでしょ。
  • リノ(28歳)
    あのトレンディーデビル、まじでムカつきますよね〜〜。
    クレヨンしんちゃんも違法ではなく不適切。
    シルクの中国服を着ないと筆がよく滑らないから購入して支援者に手紙を書いたから違法ではなく不適切。
    政治資金って何でもありなんですね〜〜。
    私も政治家にでもなろっかな〜〜(笑)
  • カサンドル(39歳)
    言い訳がみっともないですよね。
    誰が聞いても「それ家族/自分のために使ったお金でしょ」
    としか思えないのに。
    「厳しい目の第三者」→ただの弁護士
    ですからねー。何だかなー。
    でも、これはきっと氷山の一角。
    政治家は政治資金を同じように湯水のごとく私的流用している人が多いでしょうね。
    法改正を早急にすべきだと思います。

弁護士より医者に診てもらった方がいいのでは

結婚は3回、愛人2人。マスコミの報道によると、愛人とのお子さんは現在自閉症で通院しておられるそうですが、養育費をケチろうとしたと愛人の方の御両親が激怒しているということです。

会見を見ましたが、このコミュニケーションが成り立たないかんじは…やはり…

私も一都民として心配ですので、一度精神科で診察してもらうことをおすすめいたします( ̄ー+ ̄)

元愛人の母親が激怒 養育費すらケチろうとした舛添知事の過去|dot.

 舛添氏といえば女性関係も一筋縄でいかない過去を持っている。
 結婚は3回し、愛人は2人いた。1回目は78年。東大を卒業し、留学先のヨーロッパでフランス人女性と出会い、結婚した。2回目は86年。お相手は当時大蔵キャリア官僚で、現参議院議員の片山さつき氏だった。現夫人で16歳年下の雅美さんとの間には2人の子をもうけ、元愛人Aさんとの間に1子、Bさんとの間に2子と、計5人の子がいる。…
 Aさんは舛添氏と別離後、教員となり、結婚せずに、出産した男児を一人で育ててきた。その子は20代後半になるが、自閉症で通院しているという。
 舛添氏はAさんに養育費月22万円を送っていた。だが、12年に減額しようとしたので、Aさん側が家裁に申し立て、金額は元通りになった。
 Aさんの母親は憤る。「舛添さん、何考えているのと、ほんとに怒鳴り込んでやりたいくらいです」

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

 TOP