この算数の問題の「小学一年生らしい解き方」を教えて下さい

一年生の復習の問題だそうです。式を教えてください。

あめが8個ありました。2個なめました。お姉ちゃんからもらって10個になりました。お姉ちゃんから何個あめをもらったでしょう。

マドカ(38歳)

  • マリー(40歳)
    4個じゃないのかしら?!
  • ヴィーナス(23歳)
    聞いてんの答えじゃなくて式だよ(笑)
  • ソランジュ(28歳)
    10個じゃないのかな。と思ったけど。
  • キャリー(35歳)
    あれっ
    10個ですか!?((((;゚Д゚)))))))
  • ヴィーナス(23歳)
    (爆笑)
  • クララ(32歳)
    答えはわかるけど、「小1なりの式」だと私も答えに困ります。知りたい。
    方程式を使って解くなら
    8-2+x=10
    x=10-8+2
    x=4

    ってことだと思うけど、小1はどう解けばいいのかな??
  • キャリー(35歳)
    xを◯で代用だとアウトですか(笑)
  • マドカ(38歳)
    ありがとうございます。
    そうなんですよね~、一年生ではどこまでの式を使うのかわからなくて。子どもも習ってないって言ってるそうです。
    一年生にしては問題が難しいのかなと思うのですが。
  • エリーヌ(35歳)
    8-2=6
    10-6=4
    答え4個貰った。

    じゃないのでしょうか?
  • フルール(46歳)
    私もこうだと思った。
    問題文に沿った式だとこうですよね?
    今の学校の教え方は、問題文の通りの式でないと○がもらえなくないですか?
    例えば飴2個を5人に配るには何個必要という場合
    2×5=10 ですよね。
    これを5×2とすると×されてましたよ。
    うちの子の場合ですが。
  • エリーヌ(35歳)
    うちの娘もそういう感じで△にされてました!
  • マキ(36歳)
    飴2個を5人に配るには何個必要?のかけ算で5×2が×にされたのは、今の学校は問題文通りの式じゃないと◯がもらえないから不正解になったのではなく、かけ算の意味として5×2では誤りだからという考え方からです。
    学校ではかけ算は「一つ分(一人分)の数×いくつ分(何人分)」という考え方で立式しますから、例えば「お皿が6枚あります。1枚のお皿にケーキを2個ずつ乗せるには、ケーキは全部で何個いりますか?」の場合も6×2ではなく2×6になります。
    ひっかけ問題ではないですけど、文章題に出てくる数字の順で立式すると×になる文章題が一定割合出されるので、それで誤りとされて点数下がっちゃう子が結構います。
    ただしこれを正解とするか誤りとするかは学習要領でもとくに規定はなく、見解も別れているみたいなので、学校によっては正解にされることもあるみたいです。
  • リオ(100歳)
    8-2-10
    じゃないの?
  • リオ(27歳)
    それは……−4だな……
  • プリシラ(26歳)
    10-(8-2)=4
    が小学生らしい式かと思いますが、括弧の式はまだ習わないのでしょうか?(汗)
  • ヴィーナス(23歳)
    小1で習う?
  • ジゼル(29歳)
    10−8+2=4ではないの?
    最終的な数の10から、最初にあった数の8をひいて、舐めて消えた2つを足す。
    あれ?何か違う?…
    なら、10+2-8=4かな?
    まず、10+2にして、この問題に存在するトータルの飴の数を出す。そこから、元からあった飴の数をひく。
    あれれ?何か違う?…
    答え何?気になるー!!
  • リコ(99歳)
    あー!なるほど!
    +2の意味がわからなかったけど、わかったわー!あったまいー!!
  • ユウ(38歳)
    8-2=6
    10-6=4
    の2段階の計算でいいんじゃないでしょうか。

    大人は簡単に一度の式でかんがえてしまいますが、1年生では二段階の式でした。
  • アンバー(35歳)
    8-2=6
    10-6=4
    かっこ、エックスが使えないなら、二段の式にするしか方法はないような…。
  • ジェシカ(42歳)
    あくまでも、ひとつの式で表すのが前提ならXや()を使うと考えますが、文章の成り立ちに沿った式を書くなら
    あめが8個ありました。2個なめました。

    8-2=6
    お姉ちゃんからもらって10個になりました。

    10-6=4
    お姉ちゃんから何個あめをもらったでしょう。

    貰ったあめの個数は4個

    じゃないんでしょうか。
  • ナタリー(99歳)
    普通、1つの式にしようなんて、小学校低学年ではしませんよ。単純に、皆さんが書かれているように2段階の式でいいでしょう。
    時系列で、8このあめを2つなめたから8-2=6
    そこでいくつかもらって10こになったのだから、もらったのは、10-6=4 答え4こ
    もし、これが正解ではないとしたら、この問題をとくための条件のようなものがあるはずですよ。1つの式にしろとか、〇を使ってあらわせとか。でも低学年じゃ、まずないですね・・・。
  • ティファニー(27歳)
    一年生で結構難しいことするんですね!
    小学生はなぜか連立方程式はつるかめ算でやりますよね!
    xだと方程式だから数学になっちゃうからかな?
    算数ですら難しくて頭痛くなる(^_^;)!
  • カイリ(31歳)
    1年生でこの問題が出るのはおかしいと思います。
    1年生なら「3つのかずのけいさん」や「ふえたりへったり」の単元名で
    「最初にあめを8個持っていました。2個食べました。お姉ちゃんに4つもらいました。今あめいくつ持っているでしょう。」で8-2+4=10のような問題になるはず。

    あとは「かくれた数はいくつ」で
    「最初にあめを8個持っていました。お姉ちゃんにいくつかもらって10個になりました。お姉ちゃんにあめをいくつもらったでしょう。」で10-8=2
    のような問題にするべきだと思いました。
    教科書を確認すればどのように教えているか分かりますよ。
  • メリッサ(33歳)
    ドリルの最後のチャレンジ問題等で、こんな感じのひっかけ問題でますよ!
  • キャリー(35歳)

    なんか、大混乱してます(笑)
    今の小学生って賢いんですね。
  • ミキ(35歳)
    うちにも、新二年生いるのでわかりますが。 こりゃ難題だわ笑
    答えは
    先生が問題作るの間違えた! でw

正直一瞬とまどいました

う~ん、私もカイリさんが出した例題のような問題が小学一年生ぽい問題のように思えるのですが、難関お受験小学校とかはこんな方程式みたいなことを教えているのかなあ~(; ̄ー ̄A

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

 TOP