ありのままに…~甘く切ない胸キュンラブストーリーの王道

永遠とか約束なんかいらない
 
今だけ…私のこと必要としてくれるならいい…
 
 
長瀬さんと私は一緒に果てた
 
 
長瀬さんは、ぐったりした私をギュッて抱きしめてくれた
 
 
「どこまでも一緒にいこう……
 
ナツキを誰にも渡したくない…
 
愛してる…」

 
 
深いキスをする……
 
 
……そんなこと言われたら
 
私はどんどんあなたに溺れていくよ……

…………

あらすじ

▼2015年3月16日時点▼
ネーム:ナツキ
年齢:99歳
恋愛ステイタス:不倫
おしごと:既婚
ブログ開始:2015/1/22(記事目・継続中)
ステータス:ブログランキング1位

 小学生の頃は、ナツキさんは地味で暗い女の子でした。

 お母さんは仕事で忙しく、お父さんは単身赴任で家にいることが少なく、おまけに赴任先で他の女性と浮気をしているらしく、両親はずっと不仲でした。それでも、おばあちゃんが家や学校でいつも面倒をみてくれたから、寂しくありませんでした。

 ところが小6のときにおばあちゃんが亡くなり、ナツキさんは誰もいない家の中で寂しさを募らせます。

 やがて中3になり、受験のために塾に通い始めます。

 塾には仲のいい友だちはいませんでしたが、通い始めてからしばらくして突然、男の子が声をかけてきました。

 「ナツキ!同じ中学なの知ってる?俺のこと?」

 男の子にいきなり名前を呼び捨てにされてキョトンとするナツキさん。

 「私、一組。何組?」

 「俺、六組・・・レオって、呼んで!ナツキ」

 男の子はすごく馴れ馴れしいかんじですが、カワイイ顔をしていてどことなく憎めない

 二人はすぐに仲良くなって、塾に残って一緒に勉強したり、公園で遊んだりするようになり、そのうちナツキさんはレオ君の家に行って家族と一緒に夕ご飯を食べたり、仲の良い幼なじみのような間柄になりました。

 そして二人は同じ高校に入ります。高校では、ナツキさんの前に新たに心惹かれる部活の先輩が現れたりして、夏祭りなどお約束のイベントとお約束のキュンキュンな学園ドラマが繰り広げられた後で……

 「……私をレオのものにして欲しい…」

 「……ナツ……俺もナツが欲しい…」

 ……このころは、二人はずっとこのまま一緒に幸せな人生を歩いて行くことを露ほども疑いませんでした。

 やがてレオ君は大学に進学、ナツキさんは短大に進学した後、会社に就職して社会人になりました。

 そしてナツキさんが慣れない仕事に懸命取り組みようになりはじめると、二人の気持ちは少しずつすれ違うようになりました。

 そしてちょうどそのころにナツキさんの前に現れたのが、会社の先輩で既婚者の長瀬さんでした……

感想

 THE 王道ラブストーリー

 今年の1月ぐらいはブログの引っ越しでドタバタしていたので、うっかり紹介し忘れているものがいくつかありますが、そのうちの一つです。

 当然GTブログはラブストーリーものが多くを占めるのですが、読者サービスを考えるとどうしてもエッチ描写にウェイトがかかりがちになります。

 そして編集部がエッチ記事ばっかりPick Upに取り上げるもんだから余計に拍車がかかる(; ̄ー ̄A

 そんななかで、比較的エッチ度を抑えめにしながら、甘く切ない胸キュンラブストーリーの王道を踏み外さないように書き続けるのは、簡単なようでなかなかできません。

 それが結果として多くの読者の支持を集め、このたびブログランキング1位の栄冠に輝きました( ̄∇ ̄ノノ”

 ぜひともこの調子で最後までエタる(未完休止)ことなく書き続けてもらいたいと思います

エッチ指数:30%

ありのままに…こんなに好きでもダメですか…?(GIRL’S Talk Blog)

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP