桜井和寿~「売れると不倫」ミュージシャンの cross road – 芸能人不倫名鑑04

無名時代から公私に渡って支えた女性と結婚

桜井和寿

桜井和寿さんは1970年東京生まれ。Mr.Childrenのボーカルで、ミュージシャンとしての活躍は今さら説明するまでもないでしょう。

高校時代から軽音楽部で後にMr.Childrenの母体となるバンドを組んでミュージシャンとして活動し、1992年にアルバム『EVERYTHING』でメジャーデビュー。

そしてその2年後の1994年に、元レコード会社社員の女性(ゆかりさん)と結婚します。

桜井さんとゆかりさんが知り合ったのはデビュー間もないころで、当時ミスチルはまだほとんど無名に近い存在。桜井さんはクリーニング屋や給食の配送のアルバイトをしながら一生懸命音楽活動を続けていました。

ゆかりさんはそんな桜井さんの才能を信じ、プライベートでは桜井さんの日常生活の世話をしながら、仕事ではミスチルの曲がテレビドラマやCMとタイアップできるように日夜営業に駆けずり回りました。

そのかいあって、1994年6月には5thシングルの「innocent world」がバンド初のオリコンチャート1位を獲得。

それ以降の快進撃は誰もが知っている通り。発表するシングルはすべてミリオンヒットの超人気バンドになります。

そして同じ1994年には娘さんも誕生。傍から見ると公私ともども夢をかなえて幸せ一杯のように見えました。

糟糠の妻を捨ててグラビアアイドルと逃避行

ここまでは「イイ話だなー」で終わりますが、そうは芸能マスコミが卸さない!

1997年2月、元レースクイーンでグラビアアイドルグループ「ギリギリガールズ」のメンバーの吉野美佳さんと桜井さんの親しげなツーショットが写真週刊誌『フォーカス』に掲載され、二人が不倫関係にあることが発覚しました。

桜井和寿と吉野美佳

じつは桜井さんと美佳さんが知り合ったのは、結婚4年目の頃。

桜井さんの後の告白によると、当時バンドが大成功してミュージシャンとしての夢を叶える一方で、有名芸能人の宿命ではありますがマスコミやファンに四六時中追い回され、プライベートな日常生活も常に監視されているような気分になり、音楽活動に集中できず次第に鬱屈した精神状態に陥っていったそうです。

そしてそれと並行してゆかりさんとの仲もギクシャクし始め、家庭も必ずしも居心地のいいものではなくなっていきました。

美佳さんと出会ったのはそんな精神的に病んだ状態のとき。

もともと天真爛漫で明るい性格の美佳さんとのひと時が桜井さんに精神的な安らぎと癒しを与えたのでしょう。

吉野美佳

とはいえ、二人の関係はまがうことなく不倫。不倫が発覚した当時すでに二人は都内のマンションで同棲を始めていましたが、奥さんとの離婚を協議し始めたのはその翌年のことです。

マスコミは桜井さん不倫を連日のように取り上げ、また世間からの反発も強く、とても音楽活動を続けられる状況ではなくなって、結局Mr.Childrenのバンドとしての活動は一時休止に追い込まれました。

桜井和寿不倫報道

歌詞に込められた家族への想い

その後しばらく桜井さんと美佳さんは世間の目から逃れるように、桜井さんのお母さんの実家がある山形県に新居を構えて移り住みました。

そして、騒ぎが沈静化した1998年にバンド活動を再開。また2000年には、娘さんの親権をゆかりさんに譲り渡したうえで慰謝料と養育費を支払うということで2000年に離婚が成立。そしてその同じ年に美佳さんと再婚しました。

その後は桜井さんは美佳さんとの平穏な家庭生活を大切にし、2人の間には3人の息子さんの良きパパでいるようです。

そしてこうした不倫騒動と世間からのバッシングを経ることで、俗な言い方ではありますが、それを芸の肥やしにして現在までミュージシャンとして第一線で活躍し続けています。

最後に、私が個人的に気になる点を一言。

桜井さんの不倫が発覚したまさに1997年2月に発表された13番目のシングル「Everything (It’s you)」

名曲の多いミスチルの曲の中でも私が個人的に好きな曲ベスト3に入れている曲ですが、これは一般的には当時の不倫相手の美佳さんを想って書いた曲だというのが定説のようです。

ですが、私はじつは娘さんに宛てた曲ではないか、と思うのです。

「何を犠牲にしても 守るべきものがあるとして 僕にとって今君が それにあたると思うんだよ」

「愛すべき人よ 君に会いたい 例えばこれが 恋とは違くても」

「僕が落ちぶれたら 迷わず古い荷物を捨て 君は新しいドアを 開けて進めばいいんだよ」

子煩悩の桜さんにとって「愛すべき」「守るべき」という感情は、やはりかけがえのない娘さんに向かっていたのではないかなあ、と思うのですが、どうでしょうか?

innocent world

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

 TOP